2005年06月05日

底辺なもの41 初オペラ鑑賞

今日は予定通り、「椿姫」見に行ってきました。

私の友人が、会社の優待で
通常12000円の席が5000円!っていう抽選に当たったらしく
それは行かねばならんだろうってことで
普段は全く聴かないクラシックではありますが、
行って参りました。

「文化的刺激にお金を惜しまない」

これは私の東京生活において
絶対にはずせないツボなのです。

というわけで、場所は東京ドームのすぐそばの
文京シビックホール。

文京区ってすごいお金持ちなんでしょうか、
すごくゴージャスなホールはあるわ、その横に区役所が入ってるわ…

そういえば東京の区役所って、どこもすごい建物です。
前に住んでた墨田区の区役所も、
すごい高層ビルだったような気が…
(住民票とかは1階だから他のフロアはわかんないけど)
今住んでるところの区役所も、
割とデカい建物だしキレイだし、
高額な住民税搾取してるだけのことはあるなと。

(もうちょっと便利なところにあると嬉しいんだが…
 あともっと住民税を住民に還元して欲しい…)

まぁそんな話はおいといて、オペラですよオペラ。

椿姫って話は、前に美輪明宏の舞台を見た事があって、
ストーリーは知っていたのですが…

今回のは日本人のキャストがイタリア語で歌い、
字幕が舞台の両サイドの電光掲示板に表示されるっていうものだったんです。

きっとイタリア語がわかれば、もっと楽しめるんでしょうけどね…

舞台はいろんなのを見に行った事がありますが、
字幕付きのは初めてでした。
でもまぁそれもすぐに慣れて、
席も一階の真ん中といういい席で、楽しめましたよかなり。

そういえば「Bravo!!」っていうかけ声も聴いちゃいましたよ。
ブラボー!じゃなくてどっちかっていうとブラーヴォ!ってな感じです。
ちょっと発見。本場で聴いてみたいなぁ。

ストーリーを知っていたとはいえ、
舞台のはセリフも日本語だったしかなり脚色してあったようで
実際の歌劇になるとストーリーというか歌詞がシンプル。
わかりやすいし、きっとオペラ入門編な人にはうってつけだと思います。

今までクラシックは、
ちゃんとお金を払って行くってことをしたことがなかったんですが
(なんかタダ券もらった、とかならありますけど)
今回行ってみて発見した事がひとつあります。

普通のお芝居との違い。

以前にも、カーテンコールが好きっていうことを書いた事がありますけど
お芝居だと、割と役者さんが素に戻るんですね。
「うわぁっ、こんなにたくさん来ていただいて、こんなに拍手していただいて、
 嬉しいですっ」みたいな、
見ているこっちまで嬉しくなっちゃうくらい幸せそうで、
この表情を見るのがとても好きなのです。

だがしかし、今日のオペラは違いました。
クラシックの方というのは、奥ゆかしいのでしょうか、
そういう慣習なのでしょうか、わかりませんけれども、
その役の表情を崩さないのですね。

少し遠かったのでわかりませんが、
そこまで大きく表情とか仕草が変わらないし、
強いて言えば、外国人の指揮者の方が
嬉しそうに真ん中でニコニコしてたくらいなもんで。

お国柄の違いでしょうか…

まぁそれが今日の新たなる発見でした。

あと底辺ズ的に特筆すべきはファッション。

オペラ観に行くファッションっていうのもよくわかんなくてですね。
(なんせ一般ピーポー、(死語…悲)ハイソな世界には縁がありませんから)

どんな服着ていけばいいかわかんないですよね?ね?

黒のチューブトップに黒のカーディガン、
黒の薄手膝下丈スカートに黒のスパッツにうすピンクのヒール靴、
(スパッツはやめた方がいいかなと思ったんですが、
 そのままナマ足だと、あまりにもパーティぽくて気がひけたので
 カジュアルダウン)
そしてグレーのスカーフっていう黒ずくめ、
フランスのなんちゃって女優気取りファッションででかけたのですが。

髪も斜め後ろでまとめて、気分はすっかりキャリー・ブラッドショー@SATC♪
…いやいやオペラです、目的はオペラ。

ちなみにこのコーディネート考えるのに小1時間悩み、
友人との待ち合わせの時間に30分遅れちまいました。

行ってみると、昼間の回ということもあって、
割と普段着の人もいたり、結婚式的なファッションをした人もいたり。

でも私のような若めの人がそもそも少なくてですね、
今後の参考になりそうなオペラ鑑賞ファッションの方にはついぞ会えませんでした。

どう考えても私の今日のファッションが正しい鑑賞服だとは思えないんですが。
何かマナーとかあるんだったらとても知りたいです…

平均年齢が高い分、ハイソなマダム的な人がいたり
定年退職した感じの老夫婦が一緒に見に来ていたり、
今までとはまた違う世界を垣間見たような気がいたします。

音楽とファッションの2本立て、いつになく長く書いてしまいました…

ちなみに帰りに麻布十番のカフェに寄ったら
夏の野外フェス特集のフリーペーパーが置いてあって、
去年のFUJIの模様だったり、他のフェスの模様だったり…

蘇る感動。

他にも野外フェスグッズ!ってことで
キャンプグッズとかいろいろ載ってました。


私としてはポンチョとか完全防水のジャケット&パンツがどうしても欲しい。
でもたっっかいんだよなー。

…近日購入の予感。危険。
posted by 底辺ズ隊員 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4134591

この記事へのトラックバック

cafe gooch
Excerpt: 渋谷にあるcafe gooch(カフェ・グーチ)に行ってきました。 席が個室のように仕切られていて、落ち着きます。 (雰囲気のよい席はほんの数席だけなので、当たり外れがあるかと思われます。) ..
Weblog: Cinematic Life
Tracked: 2005-06-06 11:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。