2005年06月16日

底辺なもの47 東京眼鏡屋巡りリスト:サングラス編

なぜか数週間後に
会社の後輩と眼鏡屋巡りをすることになりました。

…女の子ですけどね。

夏に向けてサングラスを買いたいのだそうですよ。

前にもメガネを購入ってことで
保護者として一緒についてくはずだったんですが
予定が合わずその子はこちらで購入してしまいました。

くーっ。

もっともっといいお店たくさんあるのにぃー!!
(値段だと負けるけど)
一時期話題になったZoffの系列店のようです。
HPを見る限り、Zoffよりは少し高めだけど、
少しデザイン性UPてな印象です。

お金はあまりかけたくないけど、
おしゃれメガネ求ム!という方は、一度足を運んでみていただければ。

私が行ったことないから、なんとも言えないですけど…

でも、かけ心地や機能性にこだわりはじめると
それなりにお金をかけないと…と思っちゃうんですよね。

今日はそんな東京眼鏡屋巡りサングラス編の候補として挙がっているお店を
紹介しようと思います。

@Optician Loyd(オプティシアン・ロイド)

裏原宿っていうんですか、
かなり平均年齢低めの界隈を肩身の狭い思いをして通り過ぎて
たどりつくこのお店。

建物の2フロアがお店になっていた気がするんですけど
そのうちの1フロアがまるごとサングラスだらけ。
もうずらりといろんなサングラスが並んでいます。

というか、サングラスのフロアしか行った事なくてですね、
あまり詳しいことは知りません。
お店としてはかなり有名で、昔からあると思います。

友人とたまたま裏原宿を歩いていて
「あー、ここにあるんだねロイドって」と見つけて入ったのですが
チャカチャカかけているうちに
これはっ!と思った一本がありました。

それはセリマの大きめサングラス。
かけるだけで女優顔のできあがりでしたねあれは。
やはりセリマ。
デザインが計算されていると感じました。

フレームの名前を控えていなかったのが悔やまれるほど
今もそのフレームが欲しくてたまらん底辺ズです。
もし今度このお店に行って、まだあったら
購入してしまうやもしれません。

AC.C.COUNTRY(C.C.カントリー)

これはラフォーレ原宿に入っているメガネのセレクトショップです。
実は行ったことないんですけど(泣)

ロイドにしてもここにしても、
原宿にはなかなか足が向かないんですよどうしても…

そうおもってサイトをチェックしたら、
なんと今月末までChristian Rothフェアと称して
これまでのフルコレクションが揃っているのだとか!!

眼鏡屋巡りに行くのは7月に入ってからなのですけれども
このフェアが終るまでに一度チェックしに行きたいかも…!

というわけでこのお店はいろんな個性的なフレームが揃ってそうで
前から気にはなっていたのです。

特に以前からクリスチャン・ロスを
全面に押し出しているようなイメージがありまして
オサレサングラスの品揃えにも期待がかかるというものです。


ただ…


こういうテナントビル(ううー、デパートじゃなくて…なんていうんでしょう)に
入っているセレクトショップっていうのはですね、
どことは言いませんが
あまり私の印象が良くないのですね。。
というか好みに合わなくって、半分アレルギー的に嫌ってしまっていたりします。

店員さんの対応然り、セレクト然り、レイアウト然り…
おされメガネを手っ取り早く手に入れられて敷居も低いっていうのは
よくわかりますし、
集客力のあるテナントビルであれば
売り上げがUPするっていうのもわからなくはないんですが、
どうもそのお手軽さが嫌みたいです。
ごめんなさい。

#あくまでも私の個人的好みの問題ですし
#扱っている商品もきちんとしたブランド揃いですから
#どうか誤解の無いように…

でもでも、クリスチャン・ロスがそんなに揃うところって
他に知らないので、やっぱり行ってみたい。
私のテナントビル眼鏡屋嫌いをどうにかしてくれるくらい
シビれる品揃えであることを願ってやみません。


BGLOBE SPECS(グローブ・スペックス)

ここは今はちょっと雰囲気変わってしまってますけど、
前は渋谷のとあるビルの2階。
階段を上っていくとおされでちいさなメガネ屋さんがあるっていう、
ほんとに好きな作りのお店でした。

今はそこは系列の小物のお店になっていて
(帽子とかバッグとか置いてある気がします)
少し離れたところにお店が移転しています。
・・・っていっても移転したのは1年くらい前なのかも。

つまりそのくらい足を運んでいませんでした。

ただ、いろんな雑誌に取り上げられているのか
おされメガネ人口が着々と増えているのかわかりませんが、
私が最近行ったときは、メガネ屋にあるまじき人の数で、
ただでさえ広くない店内に人がひしめき合っている状態。

まぁ確かに渋谷のビームスが近いあたりなので、
人もそれなりにいる界隈ではあるのかもしれませんが…
洋服の買い物のついでに寄るカップルなんかが多そうです。

そんな中店員さんはひとりひとりのお客さんの相手ができていなくて、
本当にお気の毒でした。

やはり眼鏡屋さんっていうのは
店員さんとマンツーマンで、じっくりいろんな話をしながら
自分に似合う、自分の求める眼鏡を吟味して行くプロセスもまた楽しいものです。

それでもこのお店を選ぶ理由は。

まずはセレクトですね。
大好きなBeausoleilが置いてあるのです。

あと、最近の店員さんは知らないのですけど
3年くらい前にボーソレイユのサングラスを購入したときに
熱く眼鏡談義に花を咲かせた店員さんがいてですね。

どちらかというとひょっとしたら店員さんが好きなのかもしれない。

まぁ店員さんも入れ替わると思うので、
その方にまた会えるかどうかはわかりませんが、
やはり眼鏡の事を良く知っている店員さんと語り合うのは
本当に楽しいです。すごく勉強になる。
眼鏡のおしゃれ頑張ろう!って思うし。

というわけで、すてきな店員さん求ム!てな感じで
このお店に次回足を運ぶときには期待をしています。

CObj east(オブジェイースト)

正直、サングラスの品揃えはチェックした事ありませんが、
まぁサングラスっていっても、
フレームに色付きのレンズ入れればサングラスになっちゃいますから
その辺りはあまり深くはこだわらないことにして…

ここのお店は銀座という一等地にありながら
店舗がだいぶ広いのです。

だから人が多くてじっくり商品を見れない、なんてこともまずない。

広いですから、ディスプレイしてある商品だけでなく、
什器の引き出しに入っているフレームの数も相当なものだと思います。
ですから、必ずや好きなフレームが見つかるだろうと。

そんな安心感がこのお店にはあります。

内装も落ち着いていて、やはり銀座という場所柄、
お客さんも大人な人が多くて、
じっくり、ゆっくり、マイペースに眼鏡を選べるというところから言えば
このお店はビンゴ!という感じです。



行ってみたいお店とかいっぱいあるんですけど、
私が今のところサングラスを買うとすれば…ってことで
チェックしているお店はこんな感じです。

番外編として紹介するなら恵比寿のMOG。
前にG.O.Mというお店だったのが移転してMOGっていうお店に変わりました。
ここはサングラスとかそういうくくりじゃなくてですね、
とにかくボーソレイユとEye'DCの品揃えだけで
足を運んでしまいますよ。
恵比寿駅の近くの静かな通りにひっそりとお店を構えているってのも
お気に入りな理由です。


というわけで、久々に眼鏡屋巡りを企てているうちに
長めに書いてしまいました。


明日は金曜日!なんて嬉しいんでしょう♪
posted by 底辺ズ隊員 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4404896

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。