2005年06月27日

底辺なもの51 ショートショートフィルムフェスティバル

ああ、結局暑くて外に出たくなくて
クーラーを効かせた部屋の中でコロコロしただけでした…

フランス・エ・キャロルには来週行こうっと。

(ていうか、新宿のお店はDestination Tokyoという名前でした。
 銀座のお店と違って、洋服があったり、メンズも充実してるっぽいです。
 すばらしい。楽しみすぎる。)

さて、一日コロコロして何をしていたかというと、
まぁ早い話寝てたんですけど、
それでも、何度か起き上がって映画でも観に行こうかと思ったんです。

映画館にもしばらく行ってないし、
そろそろ自分の中の映画見たい虫が騒ぎ始めるかなという予感のもと。

いろいろ考えているうちに
そういえば、と思い出したのが
とあるダイレクトメールの存在。

その名も
「SHORT SHORT FILM FESTIVAL」。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
ショートフィルムの映画祭って言うのがもうすぐ始まるんです。

私は去年初めて行って、すごく気に入って
絶対来年も見に行く!!と決めていました。

場所はラフォーレ原宿のラフォーレミュージアム。
これまた苦手な原宿界隈ですけれども
我慢して行くだけの価値はあります。

俳優の別所哲也氏が発起人となって始まったのだとか。
そういえば見終わった後には、別所氏がスタッフと同じジャンパーを着て
「ありがとうございましたー」とか見送ってくれましたねぇ。

なんだかそういう手作り感というか、
映画祭というと敷居の高いイメージがありますけれども
若いスタッフたちが手作りで作った感じの強い、
あったかい印象のイベントです。

なんといっても今年見たいのは、
ガエル・ガルシア・ベルナルの出演している作品。

ミーハーと言われようとも、
アモーレス・ペロス公開時から好きなんですっ、ガエル・ガルシア。

最近の映画俳優とか別にあまり興味ないんですけど
この人だけは例外です。やっぱりミーハー。

そういえば、
今行っている美容院のアシスタントの男の子(20歳くらい)と
アモーレス・ペロスの話になったことがありまして。

アシスタント君「あの最初の話の主人公、いいですよね」
底辺ズ「あー、あたしも好きだなぁ、あの子」

そして同時に

 ア「すげーかっこいいよね!」底「超かわいいよね!!」


…ああ、着々とおばちゃん化しているに違いない…


話が逸れますが、
アモーレス・ペロスは、なかなかこれが一番好き!と言い切れない
私の映画ランキングの中で、
かなり上位に食い込む作品であることは間違いありません。

当時映画を見まくっていたのですが
数ある予告編でも
これは流れたコピーからして
私の心をわしづかみました。

「世界の真中で愛を叫んだ犬たち」

後に大ブームになった「セカチュー」は、
これの…?なんて密かに思っていますがどうでしょう…。
(アモーレス・ペロスは2002年公開。)

とにかく映画の中に溢れる強烈な孤独と愛情、そしてそれぞれの人生。
こういう映画大好きです。
私の琴線におおいに触れましたこれは。

あー、なんかDVD欲しくなって来たので…

…さっきアマゾンで注文してしまいました。orz

何やってんだか。
でも生産が終ってるらしいコレクターズエディションをGETできたので
(USEDだけど…でも見れればいい!)
満足満足。

さて話が逸れましたけれども
まぁそんなことにもめげず、
昨日Appleに一緒に行った友人Yも彼に関しては
見解が一致しておりまして、
このフィルムフェスティバルにもぜひ行きたいとの事。

去年券を買うのに並んでつらかったので
(ミニシアターしか行かないので、
 普段映画館で並ぶなんて考えられない!という訳で
 チケット買う為に並ぶのが非常に苦痛です)
今年は前売りでも買って行こうと思っていたり…

そんなわけで来週は映画祭行って参ります。
そして日曜日は眼鏡屋巡りサングラス編、と
盛りだくさんですけれども。

お金、使えないんですよね…春からの浪費がたたって、
生活苦なのです今ほんとうに。
家賃を払ったらもう生活費しか残りません。
FUJIのお金は死んでも手をだしてはならんし…

ああ、悲しいかな底辺ズ。悲しすぎる。
早くも冬のボーナス一括払いとか考えてしまうダメ人間がここに…


ううう、宝くじ当たらないかな。(切実)


そのかわり来週は眼鏡屋巡りを一緒にする後輩を
底辺ズとして洗脳し、
私の身代わりとしていっぱいお金を使わせようと
画策中です。

フフフ…まってろよ後輩!
posted by 底辺ズ隊員 at 00:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
tommyって漫画よんでたっけ?
よかったら、コミックバトン受け取らないかい?
Posted by cinematic at 2005年06月28日 11:05
あのー…
あたしがマンガ読んでるところをみたことがあるかね?(笑)

中学校のときスラムダンク全巻揃えたぐらいだな。
体育会系だもんで。

あとはウチの兄に「名作だから読め」と言われた
「今日から俺は!」っていうマンガ。
名作かどうかは謎だけどやや洗脳された。

高校のときはなんか
友達と回し読みしてたなーくらいで記憶になく、
大学の頃からもっぱら活字のみ。

それでも社会人になって衝動的に買ったのは
だめんずうぉーかーくらいだな。
あんまりマンガと思って買ってないし…。

ほんと知らないよー。びっくり出てこない。

やっぱマンガよりも活字派です。すいません。

でも今「野性時代」で連載されている
藤原カムイの「unlucky youngmen」はちょっと好き。

でも特に思い入れがあるわけではないので
書くネタがないわ…スマン。

やっぱ普通は「これだけは!」みたいのが
あるものなんだろうねぇ…orz
Posted by 底辺ズ隊員 at 2005年06月28日 20:12
だよねー。
全く読んでそうになかったもんな!
でも家にこっそり「ブラックジャックによろしく」(だっけ?)
隠し持ってたじゃん!!!

とか思って、期待してみた♪
お許しを!

ところで、こっちに良いセレクトショップを
発見したよ。
何気に、H.P.とかも紛れていた。
Posted by cinematic at 2005年06月29日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4652118

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。