2005年07月19日

底辺なもの59 WIREレポ@

WIREの興奮冷めやらぬまま、
我が家では今日もTECHNOがかかっております。

ちなみに今かかってるのは
元Underworldのダレン・エマーソン主宰のレーベル「Underwater」の
コンピEpisode 4です。やっぱ好きだぁ…。

そうそうWIREですよ。
やはり今年も行ってよかったです♪
そしてこうして一晩中テクノを楽しめた事に感謝しつつ、
底辺ズ的レポということで。
順番とかは覚えてないため適当ですのであしからず。

@RYUKYU DISCO

別に見るつもりで行ったわけではないのですが
友人Dのためにグッズのタオルとてぬぐいを購入したあと、
とりあえずメインフロアで「W」のハンコ…

(ほんとはGだったんだけど、RYUKYUDISCOのために
 入場規制かかってて入れず。というわけで
 WIREの「W」が良くない?ってことでハンコ押してもらいました。)

を押してもらって、いざ…!

私はあまりRYUKYU DISCOが好きってわけじゃないんですけど、
やっぱり何度見てもクラバーな皆さんが
かりゆし踊ってるのは爽快な感じがしましたね。

あと、たいこをドンドン叩いてるのがとってもかわいい。
ステージでバチ持ってドンドンですよ。

AFRANK MULLER

とりあえず空いてるうちにセカンドフロア行っとこうかってことで
行ってみたらばフランクムラー。

私はああいうかっこいい外人さんDJが
ちょっとだけ体をゆらゆらしながらプレイしてるのが
とっても好きなんですよね。とってもセクシー♪
ああいうすてきなおじさまが日本に増えてくれるといいのですけれども。
人種が違うから無理か(笑)

BJoris Voorn

何かで読んだWIREの特集記事で、
こいつぁすごいから見逃すな!みたいなのを読んで、
とりあえず行っとこう、と思って
のろのろとカレーを食べてからセカンドフロアの前を通りがかったら。

入場規制かかってましたー。

それでもしばらく並んで待ってたら入れそうな気配だったので
待つ事に。

セカンドフロアの前にはテレビモニターが置いてあって、
フロアの超盛り上がってる様子があますところなく映し出され、
そして入り口からは我慢できないくらい
楽しそうな音が漏れ聞こえて来て…

踊ってしまいました並びながらorz

一緒にいたcinematicよ、許せ。

それでもしばらく待って、
残り30分くらいのところで入る事ができました。

評判通り、すごい楽しかった!
フロアではみんなめちゃくちゃ汗だくになって
踊る踊る踊る!!

いや、正確には「踊らされている」という表現が正しかろうと思います。
あんな音楽かけられて、ジッとしている方が難しいですもん。

私も例外なく体中汗だくになりました。
ワイドパンツが足にはりついて、エラいことになってました。

というわけで、
これは次回の来日にはぜひとも行きたいものです。

CToktok

コンピを聴いて、どうしても聴きたい!と思ったのが
このToktok。

「トクトク」は、ベルリンからやってきた2人組。
そのうち一人は

「特特」

と書かれたTシャツをお召しになってますよ。。

それをみてなぜか私は
以前、渋谷駅のハチ公口で

「不法滞在」

と大きく書かれたTシャツを着ていた外人に
釘付けになったのを思い出しました。

いやそんな話はどうでもいいのです。

この特特な二人組、タダもんじゃないです。たぶん。
だって、めちゃくちゃ楽しかったんですもん。

ライブで30分しかなかったってのもあるでしょうけど、
これでもかこれでもかっていうくらい
いろんな音のオンパレードで、
思わず友人とふたりして「ゲロゲロ」とカエルの鳴き声にあわせて
歌いながら踊ってしまいましたよ。お寒かったでしょうか…。

もっと長いプレイが見たい!!
今回のWIREでのMyBestです。

D石野卓球

WIREは3回目ですが、一度もちゃんと聴いた事がなかったのです。
だって、卓球のウラだと、フロアとかお店が空いてるんだもん…。当たり前か。

あまり大きく期待はしていなかったけど、
もしや…と思ったらやっぱりかけましたVitalic[My friend Dario]。

やっぱ今年のアンセムなのですね。
去年のAlter Egoくらいよく聴きます。
きっとTASAKAもかけたんだろうなぁ…。

<休憩>

卓球が終わってから、ソフトクリームを食べて、
テクノマニアな友達Dと待ち合わせ。
夜7時くらいには会場入りしていた私は、
友人にグッズを買っておいてくれと頼まれていたのです。

買ったのは黄色いタオルとてぬぐい。

そして無事にグッズを手渡し、しばし歓談。

DとはWIREで毎年会う以外は、
たまぁー、にテクノのイベントでしか会わないのですけれども。
まぁ要は数少ないテクノ好き友達とでもいいましょうか。

テクノ歴は私なんかよりずいぶん長いし、
最初のWIRE’99にもちゃんと広島から参戦しWIRE泊、つまり
夕方の新幹線に乗って来て、朝の新幹線で帰ったくらいの。

周囲の仲間にはかなり冷ややかな視線を受けてましたけどね。
もうそんなドコドコ聴くためだけに東京行って帰ってくるなんて
おバカかと。
テクノなんてただ同じようなのがループしてるだけで
つまんないよー、というのが定説でした。

私も例外なくそのうちのひとりだったけど、
今ならわかるよ、Dちゃん。うんうん。あの頃はごめんよ。
やっぱ生の音聴いたらハマっちゃったよあたいも。

でまぁ、いかに昔は冷たい扱いを受けていたかという思い出を
楽しく振り返ったりしながらしばし過ごしました。

というか、今でも部屋で爆音出しすぎて、
管理人に呼び出されたりしたらしい。
「テクノについては冷ややかな扱いしか受けた事ないもん…」と
つぶやいたDちゃん。強く生きてくれ。。

今年はメタモルフォーゼに行きたい…けど
仕事の都合で微妙…との事でした。



…なんかまだ最後までいかないんですけど、
疲れて来たので続きはまた。。
posted by 底辺ズ隊員 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5184524

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。