2005年08月01日

底辺なもの63 FUJI ROCK FES @前夜祭前

しばらく更新が滞っておりましたけれども…。
初めてこんなにサボってしまいましたね。

さて先週の木曜日から行って参りましたFUJI ROCK FESTIVAL。

今年で3回目の参戦。
FUJIの自分なりの楽しみ方がわかってきたなぁ、と
今年は思いました。

そして来年も行かなきゃ!!
出勤したらすぐ、「来年の7月末は休みます」と宣言しよう(笑)

というわけでもううろ覚えだけど、
行きと帰り、それから各公演日について
詳しく書いてみようと思います。

いやあの、フェスに興味ない方はこれから数日分スルーしていただければ。

さて今日はまず行きから。

#うううー。どの日のことも書きたい事いっぱいありすぎです!
#何日かかるんだろう・・・

@東京→越後湯沢

東京駅へと向かう山手線の中は
うだるような暑さでばて気味のサラリーマンでいっぱい。
そんななか、Tシャツにスニーカー、
それに大きな荷物をカートに乗せているのは
優越感半分、申し訳なさ半分でした…。

とにかく、今日の夕方には苗場に着く。
そのことだけでわくわくと胸が高鳴ります。

…そういえばこの日は土用の丑の日。
ウナギ食べなきゃ!ということで
同行した友人と東京駅でうなぎ弁当をGET。

旅気分の演出もばっちりです。

そして改札で待っていた別の友人は
すでにビールを片手にほろ酔い状態。

いよいよしあわせな5日間の夏休み開始です。


東京駅に集合したのは昼の1時だったのですが
駅のホームを見ると、フジロッカーらしき人はまばら。
そりゃそうですね、木曜日ですからね。

あたたかく「いってらっしゃいー」と言ってくれた
職場のみなさんに大感謝です。

さてそんなわけで新幹線に乗り込み、
越後湯沢までの1時間半、
去年のFUJIの話、私は行ってないんですけど
その他の友人で行った去年の朝霧JAMの話、
ほかにも野外フェスネタでもりあがるもりあがる。

ああ、もうこの時点で、
ほっぽりだしてきた(いや、ちゃんと引き継ぎしましたよ。)仕事のことなんて
すっかりと頭の中から消えてました。


そんな車中を経て、ついに越後湯沢到着。


毎年のことながらなんですが、
フジロック期間中の越後湯沢の駅は、
文字通りFUJI一色なのです。

スキーシーズン以外にも
他のアーティストがイベントをやったりしてにぎわうらしいですが
そんな中でもフジロックは別格でしょうね。

今年は6万枚のチケットもほぼ完売だったらしいです。

あの会場に毎日4万人が押しかけるのですから
最寄りの越後湯沢駅を使う人の数も相当なもののはずです。

実際、越後湯沢の駅を降りた瞬間、
フジロッカーらしき人たちがわさわさといるではありませんか。
一般のお客さんを見つける方が難しいくらいの
フジロッカーまみれ。

そして会場へのシャトルバスへ乗り込むために
バス乗り場へ。

…暑い!

この日は東京でも、台風一過で
フラフラするくらい暑かったのですが
そんな日差しは新潟でも一緒でした。
で、その中をしばらく待つ為に
日傘をさしてみました。

今回改めて感じた事なのですが
フジロックのみならずアウトドアを楽しむ為には
天候のストレスを少しでも軽減することが
とても重要だと感じました。

今後フジロックなどの野外フェスを考えている方には
ぜひぜひ、このことを強く伝えたい!!

(今年行った方は、身をもって感じてますよね)

ものすごく暑かったり寒かったり、
はたまたすごい雨が降ったり。
山の天気は変わりやすく、情け容赦ありません。

それに不便さ。都会に住んでいるようにはいかない。
当たり前か…。

東京で便利な生活に慣れきった田舎ものの私には
その不便さに懐かしさを感じつつも
あーっ、あれ買い忘れたっ!とか持ってくるの忘れた!とか
それだけでもヘコんでしまう、よわよわ底辺ズ。

というわけで
とにかくフジロックを底辺ズ的に楽しむコツがあるとすれば
ひとつは絶対に天気対策しょうね。

雨具は必須。ビニールの雨カッパでは絶対に後悔する!
以下の3つがあれば、雨でもテンション下がる事なく楽しめます。

・レインウェア
 アウトドアメーカー製のもの。ちょっと高いけどそれだけの価値はあります。
 長く使う事(フェスに行きつづけること)を考えれば安い!

・長靴
 各ステージの移動の間には、
 雨が降るとぬかるんでくるぶしの上くらいまでズボッとはまってしまう場所もあります。
 (そこ通らないとたぶん帰れません)
 長靴があれば、どんなところでも元気に歩けます。これはいい。
 1000円くらいで売ってます。

・長袖のジャージ
 夜は冷えます。昼間でも雨が降った後は寒いです。
 ジャージとかあったら、ジッと座っている間でも寒さを感じる事なく
 楽しく過ごせます。

まぁそんな用意が早速役に立って喜んでいるうちに
バスがやって来て、乗り込んだのでした。


バスの中ではクーラーが気持ちよくてひたすら就寝。

あら、もう着いちゃいました。

というわけで、会場近くの宿に荷物を置いてひとやすみ。
そして前夜祭へ向かいます。

続きはまた。
posted by 底辺ズ隊員 at 23:14| Comment(1) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi?mode=edit&title=The%20%3F%3F%3F%3F%3FY%3F%40%3F%3F%3F%3F%3FB&address=http%3A%2F%2Fteihenz%2Eseesaa%2Enet%2F


お問い合わせはコチラから
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi
Posted by みんなのプロフィール at 2005年08月02日 03:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5544563

この記事へのトラックバック

Fuji Rock Festival 2005
Excerpt: 今回2年ぶりに行ってみて思ったのは、激しく雨に降られようが、雷が鳴ろうが、ドロ
Weblog: ベランダ生活 ♪
Tracked: 2005-08-01 23:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。